世界遺産の登録、富士山は文化遺産? 自然遺産?

 

スポンサードリンク

   

富士山、良かったですね

世界遺産登録されて

三保の松原まで含めてで認められましたので

申請をしていた方はうれしかったでしょうね

でも、これからですよ

富士山とその近隣は、これで観光客がさらに来ます

それに対応できるのか

また、甘い考えで富士山に登ろう

なんて人も出てくるでしょうから

それに対して、どういった防御策や

対応策を立てておくのか、これからが

大変です

さて、世界遺産ですが

実は大きく3つに分類できます

1つは自然遺産

1つは文化遺産

1つは複合遺産

です

認められるまでの、全体の流れとしては

まずはユネスコに申請します

その後、文化遺産ならイコモスという機関

自然遺産だと国際自然保護連合 (IUCN)

が審査して、レポートを出します

そして、ユネスコで審議される、という流れになります

大抵は、レポートができた段階での評価から

ひっくり返ることはないそうですが、今回の富士山は

ひっくり返った珍しい例です

それも、文化遺産での登録、という所があるようです

文化遺産は、顕著に普遍的な価値を有している、ということが

前提のようです

大抵は人工的な建造物に対しての評価なのですが

富士山の場合、浮世絵にもなっていて日本文化とは

切っても切り離せないもの、と判断されたのでしょう

自然遺産ですが

ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもち

最高の自然現象または地域を含んでいたり

(地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの

だそうです

日本だと、知床などは、こちらに登録されています

本当は富士山も、自然の地形としては珍しいものでもあるんですけどね

いろいろな事柄から、文化遺産登録です

で、複合遺産とは

複合遺産は「文化遺産」「自然遺産」それぞれの登録基準のうち

少なくとも一項目ずつ以上が適用された物だそうです

マチュ・ピチュなどはこれに入ります

世界遺産に指定された地域などは

観光地化が進んでしまうのはしょうがないのですが

それと同時に、保全活動もしていかないといけません

富士山も、登山人数を区切ってしまうくらいの

事が行われても不思議ではないでしょう

元旦にご来光を、なんてことが非常に難しいことになり

価値を持ってきてしまうかもしれませんね

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索