美肌効果のあるセラミド 種類が7つもある!

 

スポンサードリンク

   

美肌成分として、非常によく知られているものとしてセラミドがあります

でも、そのセラミドにいくつかの種類があることを知っていますか?

種類によって、すこしずつ効果が異なるので

実際に使用する際には、どの種類のセラミドが入っているのか

確認して使用した方がより効果的になってきます

セラミド7つの種類

セラミドには7つの種類があり、以下のような機能を持っています

セラミド1
水分保持の働きがあり、外部の刺激を防ぐバリア機能を持っている
アトピー体質の人は、このセラミドが極端に少なくなっているそうです

セラミド2
皮膚の保湿力が強い

セラミド3
水分を保持し、シワを抑制し、減少させる
このセラミドは、加齢によって減っていくことが分かっています

セラミド4,5
角質の脂質バリア層を作り、保持する

セラミド6
セラミド3と同じ働きをする他に、正常な肌のターンオーバーを促す
このセラミドも、加齢とともに減っていくものだそうです

セラミド7
細胞の増殖分化をコントロールし、皮膚にある菌のバランスを整える

 

もちろん、基本的には体内で生成される物質であるので

色々な種類のセラミドがバランスよくあるわけです

化粧品やコスメのアイテムから摂取する際にも

どのセラミドなのか、注意してみて下さい

 

そのセラミド本物?

ただし、商品のキャッチコピーなどに

大きくセラミドの名前があったとしても

成分表示にセラミドの名前が無いものに関しては

少々注意してください

 

これは「疑似セラミド」と言って、実際にはセラミドとは全く別物!!

似たような組成になっている、という事のようです

成分表示の確認は、くれぐれもお忘れなく

 

本物のセラミドは大きく2つに分けられて

1つは「天然セラミド」と言われる

植物性または動物性の素材から作られたもの

これは非常にカラダへの親和性が高いです

つまりは吸収されやすい

ただし、高価なのが、ちょっと難点

 

もう1つの「活性型セラミド」は人の持っているセラミドと

全く同じものを再現しているもので

合成法の工夫や酵母の配合などの工夫をしているもの

天然セラミドよりも、価格が安いのが特徴です

 

後は含有量などで、効果はもちろん変わります

植物性のセラミドなどは、もともとの素材に含有している量が

少ないそうですが、じつは意外なものにたくさん含まれていて

そのセラミドに注目があつまっているそうです

 

なんと、こんにゃく芋!!

意外な所で、あのプルプル感が役立ってくれているみたいです

このこんにゃくセラミドですが、最近ではだいぶ有名になってきているようですね

詳しいことは↓こちらから

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索