緊急地震速報 その基準って?

 

スポンサードリンク

   

311での地震から時間もたち、関東でも首都圏は

以前と同じ生活に戻ったかのように思えるのですが

緊急地震速報のアラームが、時折鳴るのを聞くと

まだまだ大きな余震の起こる期間で

あることを気づかせてくれます

緊急地震速報とは?

この速報は、気象庁が発表していて

海底などに設置してある、地震計が地震を察知した際に

すぐに震度や到達時間を推定し

知らせてくれるものです

 

地震波が2か所以上で計測され、しかも最大震度が5弱と判断

された場合に発表され、地震の発生時間、発生場所

地震の来る地域などを伝えます

 

震度に関しては、地震計の揺れからわかるでしょうが

到達時間はどうやって?

と言われそうですが

 

実は地震にはP波とS波があり

これらは伝わる速度が異なります

 

速度の速いP波と速度の遅いS波との差から

到達時間などを計算しています

 

もちろん、計測は1か所ではなく、いくつもの箇所で

計測していますので、それらを分析してより正確になります

ただ、データを集めて分析する時間は

コンピューターといえども多少かかるでしょう

 

それでも、大抵地震到達前に、携帯などのアラームが鳴って

くれるので、何らかの準備は可能になります

 

携帯に関しては、docomo、AU、ソフトバンク、Eモバイル

の4社に関して行われているもので

その他、テレビやラジオでも緊急地震速報を流しています

 

ただし、速報があったからといって

確実に大きな地震が起こるわけでもなく

速報がなくても、地震が起こることもあります

要は、常に地震に対しての準備をしておくことが

一番大切になってきます

 

311から学んだ教訓をしっかりと活かして

常日頃からの食料や水、衣料品などの備蓄を心がけて

家の中などに、準備しておきましょう

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索