秋を楽しもう!栗ご飯の美味しい作り方

 

スポンサードリンク

   

食欲の秋、と言えば何????

私はやっぱり栗ごはん!

 

ホクホクの甘い大きな栗と、もちっとしたごはんを一緒に食べる!!

秋の醍醐味でしょう

 

おかずもいりません、これだけで十分なごはんです

では、どうやったら美味しく作れるのか?

ちょっと確認してみましょう

 

栗の下ごしらえとお米の配合が大切

すでに下処理されている栗を使うのでしたら

この下処理の作業の部分は飛ばしてもいいでしょう

こんなやつですね

便利ですから、もちろん使っていただいても結構です

 

そうでない場合には、まずは皮をむく所から

面倒な作業ですが、まずは水に栗を入れてます

ひたひたになるくらいの量です

そして沸騰するまで加熱し、沸騰後3分したら一度火を止めます

栗の皮をむくだけですので、中まで火が通る必要はありません

ここから30分くらいほっておき、皮を柔らかくして

取り出したら皮をむきます

 

まずは栗の下の部分を切り落とし、そこから一番外側の

茶色い硬い皮をむきます

さらに中のかさかさした茶色い皮も包丁で取ります

ここまでしたら、変色を防ぐために、水に入れておきましょう

 

さて、ご飯の方ですが、うるち米100%ではなく

もち米を20%から30%くらい混ぜて研ぎます

これで、もちっとした食感になって、ぱさぱさしません

 

お米は一端研いだら水からあげておきましょう

 

さて、あとは炊飯器に一緒に入れてしまい

普通に炊けばいいのですが

 

最近は炊飯器が成長して

炊き込みご飯ができるような機能の付いた

物もありますので、そういった場合には

説明書を読んでおきましょう

 

そうでなくても、もちろんOKです

お米をいれて、その上に栗を乗せます

 

ここでお水ではなく、出汁をいれます

昆布で取っただし汁(お米の1.2倍くらい)を

いれて、さらにみりんやしょうゆなども一緒に入れます

一通り入れた後、水を加えて量を調節します

 

または、普通に調味液を入れて、水を加えて

そこに切った昆布を入れても良いでしょう

 

調味料としては、酒、薄口しょうゆ、塩

暗いですね、シンプルにいきましょう

秋の滋味深い味を楽しめます

 

さっくりと混ぜたら、あとは炊飯器に任せます

 

炊き上がったら存分に楽しんでください

 

もし、作るのが面倒な方は、こんなものを

使うのもいいと思います

秋の楽しみを味わってみて下さい

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索