洋食の定番 ラケルのオムライス

 

スポンサードリンク

   

ちょっと特別な食事をする時って

町の洋食屋さんなどだと、雰囲気でませんか?

 

自分でもできるような料理を、プロにおいしく作ってもらい

美味しく食べるって、プチ贅沢だと思うんです

味だけではなく、雰囲気も味わうってことで

 

そんなときにオムライスなんて

いかがでしょう?

123

オムライスの有名店なら「ラケル」

チェーン店ですが、おいしいオムライスが食べられます

伝統あるラケル

関東を中心に、全国で約50店舗を構えるラケルですが

最初は、虎ノ門にあったコーヒーショップだそうです

創業から、50年近くやってきた老舗のお店

 

そんな昔から、オムレツやオムライスを

メインの商品として提供してきたわけです

たぶん、その頃は非常に高価だったんじゃないですかね?

 

ちなみにラケルとはギリシャ神話の女神様で

幸せを運ぶ神様であり、英語読みはレイチェル

 

ラケルのオムライスのこだわりは

赤玉卵(殻が茶色っぽい卵)を使い

全店でヨード卵を使用しているそうです

また、パンにもこだわりを持って、ラケルパン

を提供し続けています

 

このラケルパンにも、もちろん

ヨード卵を使用し、さらに選び抜いた

食材で料理が作られています

 

コンセプトは、イギリスの湖水地方(イギリスの北西部)

をイメージした店内だそうです

ちょっとファンシーな感じです

 

基本的に1プレート1000円程度ですので

決して高いものではありません

本格的な洋食がこの価格なら

50店舗できて当然ですね

 

最近では、このラケルがプロデュースしたカフェ

「HORON」というカフェが錦糸町にできたそうです

もちろん、このお店もお勧めはオムライスです!

223

 

特徴は中のごはんと量

通常、オムライスの中身はチキンライスですが

ラケルはカレー味なので、知らないと驚きます

 

そして、量もラブリーな店内とは裏腹に

結構しっかり目の分量ですから

男子が行っても、十分に楽しめるお店です

 

もし家でラケル風のオムライスを作るなら

カレー味のライスを中に入れることと

分量はしっかり目

そして卵は高い良いヤツ!

これでかなりラケル風です

 

もし、ふっとオムライスが食べたくなったら

ラケルはお勧めできるお店です

デザートまで、しっかりと楽しんでみて下さい

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索