水筒の洗い方 子供用水筒は特に清潔に

 

スポンサードリンク

   

前回の記事では、水筒のパッキンの洗い方に

フォーカスしてみましたが

水筒のパッキンを清潔に 安全な洗い方

水筒は口に付けるものなので

水筒全体をきれいにしておきたいものです

今回は、全体の洗い方にフォーカスを当ててみます

 

最近の水筒は、以前のものに比べて広口になったとはいえ

奥まで手を入れることは、まずできません

ですので、洗い方は大きく2つあると思います

 

1つは長い柄などのついているもので

水筒の中をこすって洗うか

専用の薬品を使ってきれいにする方法です

 

ブラシに関しては、洗剤を使わなくてもきれいにできる

マイクロファイバーのようなもので出来ている方が

気分的にもいいでしょう

匂いも残らないでしょうしね

 

通常はこういったブラシで洗っていれば、何ら問題はないと思いますが

中の底に、茶渋のような跡などができているなら

洗剤を使うのをお勧めします

 

こういった洗剤は、最近では100円ショップにもあるので

気軽に活用してみてほしいのですが

種類によっては、水痘の内壁が変色する可能性があるので

そこはしっかり確認しましょう

 

内壁がステンレスの場合

漂白剤でも塩素系の薬品を入れると

変色してしまう可能性があります

漂白剤としては酸素系のものを使って洗いましょう

 

赤ちゃん用の洗剤であるミルトンなどを使って

漬け置き洗いをしてもいいでしょう

赤ちゃん用のものですので、薬品の匂いなども少ないです

 

中蓋など、特に形の入り組んだものは

漂白剤などで漬け置き洗いをして

清潔に保った方がいいでしょう

 

特にですが、子供用の水筒だと

飲みやすいようにストロー付のものがあります

忘れてしまいがちですが、これももちろん洗いましょう

単にすすぐだけではなく、漬け置きで中まできれいにするか

ある程度使ったら、ストローを取り換えた方が清潔を保てます

 

ストローの中を洗えるブラシもあるようですが

こういったストローはプラスチックのために、ブラシで洗うと

どうしても傷ができ、そこに細菌が繁殖する可能性が出てきます

 

そして、大切なのは、十分に水筒内部などを乾燥させることです

これをしないでしまってしまうと

細菌の増殖が起こる可能性がありますので

注意してください

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索