格安航空会社の利用法 メリットとデメリット

 

スポンサードリンク

   

日本人も長期の休みを取るようになってきて

海外で休暇を過ごすというライフスタイルを

楽しむ人も多くなっています

 

その際に便利なのが、格安航空会社(LCC:ローコストキャリア)と言われる

新しタイプの航空会社

ただし、このLCC、今までの航空会社と異なるためにそれを知らないで

利用すると、少々危ないので、事前のチェックをしておきましょう

SONY DSC

徹底したコストカット

まずは乗る前の予約の段階から確認

ほとんどのLCCは、コストの関係から

ネット上での予約のみになります

場合によっては、海外資本だとシステムが海外と同じであるために

使い方が分かりにくい場合もあります

ミスがあると登場できませんので、しっかり確認をしましょう

 

また、バカみたいに安い運賃を表示している時がありますが

そういった座席は非常に限られていて

基本的に価格も変動制です

大抵は早めの予約がイイのですが、余っていると

安くするということもしています

 

チェックインに関しては、スタッフの数も少ないために

他の会社よりも早めに終わってしまうこともあります

空港内での行動にも余裕を持っておきましょう

 

また、遅延も多く、欠航の際のフォローもありません

自社便の振り替えか払い戻しで

それ以外には、基本ありません

キャンセルの際に返金もされません

そういったリスクは、全て乗客が理解している

ということなんですね

 

そして、手荷物の無料枠が少ないために

通常の航空会社だと多少の余裕があるものですが

荷物の重さには非常に厳しいそうです

もし荷物が多い場合には、今までの航空会社の方が

オーバーチャージの関係で安くすむ場合もあるくらいです

 

座席も狭いので、長時間のフライト

また、大きめの体格の人にはつらいと思います

 

結局大切なことは・・・

使い分けが非常に大切だということです

選択肢が多い場合に取る方法は同じですね

 

日程は決まっているけど、時間はある程度適当で

遊びで、近場に行くのなら

LCCがいいのかもしれません

(韓国・台湾・香港とか)

 

ビジネスで利用するには、少々リスクが伴いますので

意識して使い分けをしてみて下さい

 

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索