柔軟剤の香り その機能と人気の商品は?

 

スポンサードリンク

   

最近の柔軟剤は、非常に良い香りがついています

昔なんて、洗剤でさえそんなに選べなかったのに

今では数えきれないくらいたくさんの種類があります

それに輪をかけて柔軟剤は種類がありますので

選ぶのに迷ってしまうことが多いでしょう

 

柔軟剤の仕掛け

通常の洗濯だけだと、衣類がごわごわしてしまうのに

何で柔軟剤を入れると軟らかくなるのか?

 

簡単に言うと、繊維の表面をすべすべとコーティングしてくれるからです

もともと買ったばかりの洋服などは、こういった加工が

少なからずされています

 

洗濯とともに、それらが落ちてしまい、繊維が絡んでごわごわの

感じになりますが、これは表面にマイナスの電荷を帯びてしまうからです

柔軟剤は、実はプラスの電荷を帯びているものが入っているので

衣類のマイナスと互いに引き寄せあい、柔軟剤に入っている一部が

繊維の外側にコーティングされ、それら同士だとくっつかないために

全体がふわっとした感じになります

 

これはシャンプー後のリンスなどもまったく同じ原理で

髪がキシキシしているのも、このマイナスの電荷が

髪に残っているからです

 

さて、こんな機能を持ちつつ、いい香りのするものが

多くなり、洗濯が楽しくなる人もいるでしょうが

何を使えばいいのか選ぶのも難しくなります

 

柔軟剤で香りつきの有名なものは

やっぱりダウニー!

dauni-

もう、香り付きの柔軟剤と言えば

コレ!ってくらいの人もいるくらい

 

いかんせん海外製のものなので

少々香りは強めです

ま、それがいい!っていう人もいます

ダウニー エイプリルフレッシュ…

 

最近では液体の物、錠剤になっているものなど

いろいろあり、日本人の好みに合うような物が作られています

 

人気の商品としては、ランドリンというメーカーの

柔軟剤が人気のようです

画像をクリック↓

乾いた後は、あまり強い香りではないので

柔軟剤初心者にはこちらの方がいいかもしれません

また、赤ちゃんなどが着る物にも使えるくらい

オーガニックの優しい素材でできます

 

ボトルなどのデザインも人気の秘密です

 

いつも使うものですから

見た目がかっこよかったりすれば

やっぱり次も使おうとするものですね

 

香りの好みは人それぞれです

 

ぜひいろいろと、チャレンジし試してみて

好みの香りをみつけて、洗濯をそして

乾いた後の香りを楽しんでみて下さい

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索