日本式 コーヒー第3の波が来ている?

 

スポンサードリンク

   

今、コーヒー大国のアメリカでは

「コーヒー第3の波」がやってきていると

すでに記事になっていますね

コーヒー第3の波 日本式マイクロ・ブリュー・コーヒー

これはアメリカだけではなく、日本でも同じようなコーヒーの新たな

波が起こっています

coffee-and-croissant

日本の新しいコーヒーの波

今まで日本でもコーヒーにおける

いくつかの流行りがあったと思います

 

かつてはコーヒーのチェーン店が流行って

個人経営の喫茶店が少なくなりました

これによって、コーヒーを飲む習慣が非常にメジャーになりました

 

そして、缶コーヒーのクオリティアップ

昔はダダ甘かっただけですが、最近は香りにこだわったり

朝限定、なんてものを作って非常にヒットしています

 

そして、外資系のカフェの台頭

最初は一杯300円もするコーヒーを買うことが

文化として根付くのか?

なんて言う人もいたようですが、そういったショップは

コーヒーではなく、ライフスタイルを売る

というコンセプトでしたので、少々時間はかかったと思いますが

あちらこちらにこういったカフェを見かけるようになりました

 

1つが台頭すれば、そのカウンターパートが現れるのは必然ですね

まさにアメリカに起こっているコーヒー第3の波のようなことが

日本で起こっています

 

大手のコンビニや、今までコーヒーを扱ってこなかった

飲食チェーン店などで、ドリップ式のクオリティの高いコーヒーを

販売し始め、人気になっています

 

例えば、セブンイレブンでは

ドリップ式のアイスコーヒーがレギュラーサイズ100円

ラージが180円で楽しめます

また、牛丼のすき家でもコーヒーを販売し始め(ホットコーヒー100円)

朝の時間では牛丼と一緒に楽しむ方も

多いそうです

 

朝食と言えばマックですが

マックのコーヒーはいわゆる「アメリカン」

新興勢力のコーヒーは、一杯ずつドリップマシーンで入れるので

ちょっと風味が違います

 

確かに、カフェでコーヒーやその雰囲気を

ゆっくりと味わうのは、心地いいものですが

コーヒー一杯に300円以上を支払うのは

財布に厳しくないわけではないはず

毎日は・・・と思っていた人は多いはずです

 

ドリップマシーンの向上もあり

1枚ずつ豆をひいて淹れているのに

100円の新たなコーヒーは

確実に第3の波を、日本で起こしています

 

その証拠に、セブンイレブンではかなりの間

アイスコーヒーのカップが品薄の店舗が目立ちました

(今もなっているかもしれません)

 

手軽に美味しいコーヒーを飲みたい

と思った時、行くべきところは、カフェではなく

今はコンビニに行くのが、手っ取り早いのかもしれません

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索