手帳 9月始まりの利点

 

スポンサードリンク

   

通常手帳は年度での切り替えなので

3月くらいに買い替える人が多いでしょう

でも最近は9月からの物を使っている人も

多いと思います

9月スタートの物の方が良い点がありますので

それをご紹介します

 

なぜ9月から?

日本では4月が切り替え、アメリカでは10月が切り替えの

時期なので、手帳もそういった区切りになっています

 

9月切り替えの手帳だと、8月は休みで、スケジュール的には

プライベートの事が多いので、もし何かあっても

仕事に迷惑をかけないので非常に合理的な切り替え時期だと思います

 

使う手帳の種類ですが、どのくらいの事を

書き込んでおくのか、で選んでいいでしょう

 

単にスケジュールだけならB6やA6と言った

小さめの手帳で十分に用がすむはずです

 

特に毎日のスケジュールが大きくは変わらない人なら

ちょっとした書き込みができればいいでしょう

 

人気の手帳は

 

また、最近ではいろいろな人が手帳を出しています

それだけ手帳の重要性を認識し始めているのでしょうが

コピーライターの糸井重里さんの「ほぼ日手帳」

マーケッター神田昌典さんの「英語手帳」

などなど

 

最近のものではありませんが、多機能な手帳としては

フランクリン手帳があります

ビジネスツールとして考える方は、こういった手帳を

活用してみるといいと思いますが

機能が多いと、使うのが大変になることがあります

 

スケジュールの管理と、アイデアや備忘録の部分のノートなど

があるものが最低限の機能でしょう

恐らくそんなシンプルな手帳で、十分に役に立つ人がほとんどだと思います

 

手帳の使い方の本などは、たくさんありますが

大切なのは、現在の状態と未来の予定や目標を書き込む事です

 

他人とのスケジュールを書き込んでいくだけではなくって

自分の目標や夢それを達成するためのタスクを砕いて書き込み

自己成長を感じることをします

 

こういった事を続けていって、手帳から手帳に書き写すには

時間が結構かかります

それを考えると年度末の忙しいタイミングで

新しい手帳に書き込む必要があったりすると

9月切り替えの手帳の方がじっくり取り組めるんです

 

今後はぜひ9月切り替えの手帳で、上手く使ってみてください

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索