恵方巻き&太巻き 食べる時期は?

 

スポンサードリンク

   

最近ではかなりメジャーになってきた行事である

「恵方巻き」で、太巻きを食べる行為ですが

もともとは関西発祥

無言で太巻きを食べきると、いいことがあると言われています

この恵方巻きや太巻きに関して調べてみましたので

ご確認していただいて、ぜひ活かしてください

20060307092245

 

恵方巻きの時期と作法

恵方巻きは、節分の時に行うものです

節分とは、その名の通りに、季節の分かれ目を現しています

ですので年に4回あります

 

有名なのは、冬の節分ですね

この時には豆をまいて、鬼を追い払うわけです

 

恵方巻きは各節分の時に食べる風習があるので

春の恵方巻き、夏の恵方巻きなどと言われます

二十四節季を確認してみると

2013年ですと8月6日が夏の節分、11月6日が秋の節分です

 

この日に恵方を向いて、太巻きを一言も発せず

切らずに食べきるのです(ここが少々辛い)

ちなみに、2013年の恵方は南南東です

ので、調べてみて下さい

 

太巻きの中身は?

この太巻きの由来は諸説あるのですが

鬼の金棒に見立てているという説もあり

その際には、中身にあまりこだわっていません

海苔でまかれている、ということが重要になっているようです

 

他には、例えば、キュウリを青鬼、ニンジンや桜でんぶ(おぼろ)や

生姜を赤鬼に見立てて、それを食べてしまう事で

元気に過ごす、というのもあるそうです

 

また、七福神になぞらえて

7つの具を太巻きに入れるというものもあるそうです

 

具材の固定はされていませんが、以下のようなものです

高野豆腐, かまぼこ,きゅうり,おぼろ、うなぎ蒲焼き.だし巻き玉子,干ぴょう

などが、七福神に見立てられた具材のようです

 

他にも、シソや三つ葉、ホウレンソウを使ったり

ショウガやニンジンを使ったり、エビやイクラを使った

海鮮恵方巻きなんてものもあるようです

 

まあ、つまりは、あまり確定はしていないってことです

自由な発想で太巻きを作ってください

 

季節の変わり目で、体調を崩しやすい時期になるでしょうから

たくさんの具が入っている太巻きは

栄養的にも、理にかなっているのではないしょうか?

ぜひ、太巻きを食べてみて下さい

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索