帯状疱疹 治療と注意点に関して

 

スポンサードリンク

   

帯状疱疹は基本的に医者できちんと診断を受け

処方された薬を使えばきちんと治ります

ただ、いくつかの注意点があります

 

再発をできるだけ防止しよう!

治療としては比較的簡単で

抗ウィルス薬を飲むことで短期間に治すことが

可能です

恐らく薬を飲み始めて1週間もすれば

見た目上完治したように見えますし

皮膚の違和感もそれほど感じなくなると思います

 

でも、帯状疱疹の原因は、神経の中にいるウィルスによって

引き起こされるものです

たとえ、皮膚の見た目上なくなっても

神経中にウィルスがいると、再発のリスクがあります

このために、頂いた処方はすべて飲みきって

できるだけ、神経中のウィルスを

無くしておくことが大事です

 

お医者様も再発を考え、少し長めの期間で

処方してくれるはずです

 

水痘にかかった人の中で、帯状疱疹にかかるのは

10%以下の人数しかいません

そして基本的には再発しない病気なのですが

まれに再発をする人がいます

 

これは発症した人の中のさらに数%程度のようですが

再発すると、ある種慢性的に発症する可能性がありますので

再発防止のため、1回目の段階で、確実な処置を

してもらいましょう

 

基本的には、体力・免疫力等

落とさないような生活をしていれば

再発することは無いですので

まずは生活リズムなどに意識を向けてみて下さい

 

治療に関しては、皮膚への塗布等の局所療法もありますが

この病気の原因は外からではなく

体の内からのものなので

塗布しても、かゆみや痛みの緩和で

根本の解決にはなりません

 

また、下手な市販薬を塗ると

逆にウィルスに栄養を与えてしまう可能性があり

症状が悪化したり、長引いたりしますので

必ずお医者さんに診てもらいましょう

 

厄介なのは、帯状疱疹がどの神経の上に

発症するのか、まったくわからないことです

 

首や胸部・腹部などでしたら

すぐに発見でき自分で対応できますが

見れない所に発症してしまうと

気づかずに時間が過ぎてしまうことがあり得ます

 

また、目や耳や顔の神経にできることもあり

その場合には、悪いことに付随的な症状が

起こる可能性があります

目の場合には角膜炎などを併発したり

耳では耳鳴りなどです

 

また、三叉神経という脳内の神経にできると

髄膜炎・脳炎なども引き起こす可能性がある

危険な病気でもあります

 

ちょっとした仕事の無理が、大変な症状になって

体に戻ってくることがあるわけですので

若いうちでも、あまり無理せず

編だと思ったら、医者に行き

年を取ってからは、特に無理をしない生活をしていきましょう

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索