布団を干すと、ダニはどうなるの?

 

スポンサードリンク

   

天気のいい日に布団を干すのって気持ちいいですよね

パンパン叩いて、ふっくらした布団で寝るのは気持ちいいですし

でも、本当に干してきれいになるのでしょうか?

ダニなどは天日で殺せると言いますが、本当ですかね?

干すだけでは無理?

布団を干すと、高温になってダニが死滅すると言われていますが

残念ながら普通に干すだけでは、ダニは温度の低い所に移動してしまい

死滅させることはできません

 

つまり全体を一気に温める必要があります

簡単な方法としては、夏の炎天下の中

車を締め切って、その中に数時間入れておくという手があります

 

また、密閉したビニール袋の中に入れて

日に当てておくというのも可能です

温度としては70度以上にすることで死滅します

黒いビニール袋を使うと、より効率的に温まります

 

ただ、これは日差しがある春夏あたりの方法です

そうでない場合には、ビニール袋に入れて

殺虫剤をかけるなどして、死滅することが可能です

 

もう1つ問題は、あのパンパン叩くこと

あれは絶対にしてはいけません

たとえ死滅しても、その死骸は残っています

その死骸が広がってしまうのです

 

アトピーやぜんそくの原因になるのは

ダニそのものだけではなく、その死骸や排泄物も

原因になります

 

そのために、高温での殺菌だけではなく

中まできれいにする必要があります

 

これはさすがに布団を洗う必要が出てきます

最近では、家まで取りに来てくれるサービスも

ありますので、そういった物を利用した方がいいでしょうが

 

この布団丸洗いも、ドライクリーニングだと

表面を洗っただけになってしまいますが

水洗いで行うと、中まで完全に洗えるので

非常にきれいになります

 

とはいえ、この丸洗いですが

時間がかかるのがちょっと面倒な点です

 

最近では、布団専用の掃除機もありますので

こまめにきれいにしたい方は

こちらを使ったほうがいいと思います

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索