乾燥肌に効果的な保湿の仕方

 

スポンサードリンク

   

以前の記事で、リップに関しても

効果的な使い方を載せていますが

「リップクリーム その効果的な塗り方」

唇だけではなく

寒い季節なら、体全体気になりますよね?

 

「かゆ~い!」ってところにクリームを塗ったり

しても、なかなか改善しないってこと、無いですか?

 

「これ、効いているのか?」と思う前に

まずは、いつもとちょっと塗り方を変えてみることで

効果が倍増するかもしれませんよ?

 

通常クリーム塗るときとか、どうしていますか?

そのまま塗っておしまい!とかじゃ、そりゃ駄目です

 

まず、こういった保湿のためのクリームは油分で出来ているわけです

表面からの水分蒸発を防ぐわけですので

もし、もともとの水分が少なかったら、あまり効果がないので

そこからケアするのが、大事

 

つまり、手順としては

1:まずは清潔にする

例えば体に塗るなら、シャワー後

手に塗るなら、きちんと手を洗います

清潔な状態にしてからケアをするのは基本です

 

2:化粧水などで肌表面の水分を補給します

間違ってはいけないのは、肌は「排出器官」であること

もし肌表面から水分補給できるなら

海に入ったら、どうなっちゃうの?ってことですよ(笑)

 

あくまで表面の水分を補給してそれより下の水分が

飛ばないようにするわけです

 

そのために、クリームでケアの前に、化粧水での

水分補給をします

 

色々な物が出ていますが、基本的に90%以上は水分でできています

後は、アルコールとグリセリンなど

そういった事からも、たっぷり使えるものを準備しておくのが良いでしょう

 

3:クリームを塗って蒸発しないようにします

肌表面の水分補給をしました!

ココからは、この水分が蒸発しないうちに

クリームを塗りましょう

 

最近は、様々なものが入っているクリームが多いですが

これもあまりこだわる必要がないです

まずは自分の皮膚に合うものを使います

 

後は、まんべんなく濡れるように、伸びの良いものを

たっぷり使いましょう

 

直接クリームを乾燥している肌に塗ると

表面が傷ついている状態ですので、過剰反応する場合があります

意識的に水分の保持ができるようにしていってみて下さい

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索