乾燥肌 その原因を理解しておこう!

 

スポンサードリンク

   

季節の変化で肌がかゆくなる、乾燥肌

長年辛い人も多いと思いますが、完全に治すのは

非常に難しいと思いますので、かゆみを軽減したりする

対処療法がほとんどになりますよね

だとすれば、その原因を理解しておいた方が、適切な対応も

できるようになるでしょう

 

乾燥肌を引き起こすのは、3つ原因があるようです

まずは、皮脂量

皮膚表面にある皮脂膜となるべき皮脂の分泌量が低下すると

ダイレクトに刺激が角質層に伝わりやすくなります

 

これは年齢によって変化しますので、ある意味での生理現象とも

言えるのですが、通常以上に皮脂がないことは、バリア機能が薄く

なっているので、注意しましょう

 

これは一番外側の事なので、皮脂の代わりになるものを

きちんと身に着ける、という手で対応が可能になりますね

 

2つ目は、天然の保湿因子が減る

角質細胞内に存在する天然保湿の成分は

アミノ酸類、乳酸、尿素、クエン酸塩などからなり

水分を抱え込む性質をもっています

 

これらが減ってしまうと、細胞の水分そのものが少なくなるわけです

日焼けやストレスなどでも変化するので、生活リズムが大切です

細胞レベルの事柄ですので、体質改善に近いことをしないと

改善はしていかないでしょう

 

そして3つ目は、角質細胞間脂質を増やす

細胞の間を満たしているものがり、それもまた水分を

保持しています

よく聞く、セラミドとかがこれにあたります

 

これは内的・外的に対処する方法がありますね

こういったクリームを塗ったりするわけです


もちろん、これら3つの対応を同時にしっかりと行っていくのが

大切になるわけですが、原因を理解して

かゆみの少ない生活をしていきましょう

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索