世界遺産検定 3級の問題とその対策

 

スポンサードリンク

   

富士山の世界遺産認定から、世界遺産検定を

受験してみようと思う人も多いでしょう

レベルは全部で4つありますが

まずは一番簡単な所から、という方が多いと思いますので

3級の対策を考えてみますね

まず、具体的なデータとして

試験時間は60分、問題は60問

答え方は、マークシートですので

上手くいけば、カンでも当たってしまう可能性は

あります

合格は60点になります

さすがに一番簡単なレベルなのか、合格者の割合は

一番高いですね

70%から80%くらいの受験者が

合格をします

受験者が少ない場合には、90%を超える時も

あるようですね

そしてなんと、合格者の割合は女性の方が

若干ですが多いです

料金は3800円ですので、まあ1回居酒屋にでも

行ったと思えばいいくらい

これくらいの金額なら、まだ気楽に受けられますね

各級によって、出題の内容がある程度決まっていて

まずは比率

基礎知識が25%、日本の全遺産30%、自然遺産10%

文化遺産30%、その他5%

まあ、最近のテストなら、確実に富士山の問題が出そうですね

ちなみに、レベル違いで受験することで、若干ですが

試験料を安くできるそうです

試験の対策ですが、なんと模試があるそうです!

対策の講座があって、それを受けることができます

マークシートを使った30分のテストを行って

その後に、解説するというもの

毎回直前にこの模試があるわけではないので

確認の上、受講しましょう

価格は60分の講座で1500円です

東京や大阪のように、大きな都市にお住まいなら

これでもいいのですが

Webの講座もあるそうです

3級だと、無料の動画もありますので、ぜひ目を

通しておきましょう

もちろん、自分でも勉強しないといけませんが

その辺は、安心です

きっちり公式テキストが出ていますので

忘れずに手に入れて

勉強をしましょう

あ、ちなみにこのテキストは

1Dayガイダンスなどでも使用するそうですので

まずはこの本を手に入れて、内容を勉強しておくのが

王道のようです

ぜひ、あなたも、世界遺産の知識を手に入れてみて下さい

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索