リテラシー その意味は?

 

スポンサードリンク

   

今は本当に横文字が多くって・・・

理解するが追い付かないくらいに

どんどん新しい横文字がが出てきますね

 

最近では「リテラシー」なんてよく聞きます

「あの人のリテラシーは高い」

「パソコンのリテラシーが高い!」

なんて感じ

 

ではリテラシーとはどんな意味?

ちなみに何語なのでしょう?

リテラシーですが、英語の単語です

比較的メジャーな単語でもあります

つづりで書くと

literacy

「読み書きの能力があること」を指す言葉です

 

literateという単語の派生で

~ができる状態、などを表す語尾である

acyからも、その意味は推察できる

人もいると思います

 

日本語で言うと「識字」などという単語を

当てていたこともあるようですが

これだと字を知っているのか、いないのか?

という意味になってしまいそうです

 

今はちょっと意味合いが違いますね

 

特定分野の書き言葉(文章)に対して

正確に読み、そして正確に理解し

分析・解釈する能力

と表現するのが、ピッタリな感じじゃないでしょうか?

少々難しくなってしまいましたが・・

 

パソコンのリテラシーが低い

などと言われた場合には

単にパソコンが使えないというよりも

 

自分のわかっていない分野の本や文章を

調べて読んだとしても、適切に理解ができない

といった感じの意味を持っているのではないでしょうか?

 

この「適切に」の部分がとっても大切で

書かれている文章を自分勝手に読んで、自分勝手に理解し

自分の意見を相手に伝えることをあまり考慮せずに

コミュニケーションに乗せてしまうことは

概してリテラシーが低いと言われてしまうものです

 

単に読むだけではなく、自分が表現したり発信する部分も

含んでいる単語であることから

書き言葉、話し言葉、コミュニケーション全般に

使われるものです

 

最近では、いろいろなメディアがありますから

そういった細分化されたメディアに対しての

知識や理解などを、リテラシーということもあります

 

今書いている(読んでいるかな?)ブログなどは

この近辺の知識などを称して、ネットリテラシー

など言われる分野になるのでしょう

 

どの分野においてもリテラシーのスキルを上げることで

正確な情報を手に入れることができ

そして手に入れた知識を、相手に伝わるように

届けることもできるようになります

 

リアルの場でのコミュニケーションも大切ですが

ネット上での意見の交換などが多くなった現代では

ネットリテラシーは非常に大切なコミュニケーションスキル

になっているのではないでしょうか?

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索