メンタリズムとサイコキネシスとマジックと

 

スポンサードリンク

   

昔は、ユリ・ゲラーのスプーン曲げが、超能力なんて

言われていましたが、最近では

Daigoの「メンタリズム」が超能力的に扱われていますね

Daigoさんは、メンタリズムは科学と言っています

が実際のところどう思いますか?

ユリ・ゲラーの行っていたものは、サイコキネシス

と呼ばれる分野のパワーです

(本物かどうかは別として)

サイコキネシスとは、手を触れずにものを動かす力

と考えればいいでしょう

アルファベットだと「PK」などと評されます

超能力だと、これが一般的なパワーですね

物を動かす、物を壊すなど

非常に視覚的な現象は、ほぼこのサイコキネシスです

マジックなんかでの超能力エフェクトは大抵ここですね

スプーン曲げ、フォーク曲げなど

これとは異なり、例えば心を読むことは

マインドリーディングと言い

予知・予言は

プレコグニションと言います

じゃあ、メンタリズムは?となると

これはそういったものを総合的に示すものなのです

何かを当てることも、メタルベンドもメンタリズムに属すること

になってきます

ただし、このメンタリズムは、マジックとは少々異なり

失敗が許される、という点があります

お互いの心理状態の読みあいだったりするので

ミスがあることは大前提なのです

ショーの場合には、そのうえで全体が進んでいきます

そして、そういった危険(ミスが起こる)減らすために

マジック的な手法を使う場合があるのです

マジシャンもメンタリズム的な手法を使うこともありますが

これは、非常に経験を必要とすることです

なぜなら、失敗する可能性を含んでいるからです

マジシャンはこれを嫌います

でもメンタリストは、失敗は失敗で認めるのです

でも、失敗を減らすために、メンタリストは

マジシャン的な手法を利用します

この辺は、その人がどの分野にいるのかで

変わってくるところです

頭の中を読んだり、未来を当てたりは、ミスしても

まだわかる部分があります

でも、サイキックは視覚的な現象なので

ほぼミスは許されません

ですので、サイキッカーと呼ばれる人は、まず

マジック的な手法を使います

または、そんな手法をよく知っています

人間の頭が行う情報処理は、意外にシンプルなのですが

その処理ののちに、外に出てくる行動は、個人個人で異なるので

難しく見えるのです

メンタリズムは、その情報処理の方法を知っている人

人の脳の動きを知っている人です

人間の思考にフォーカスを当てているのが、メンタリズムで

そんな知見を持っている人がメンタリストです

目に見えないパワーを、具体物に向けて使う場合が

サイコキネシスだと思えばいいでしょう

安易に信じるのではなく、大人な対応や距離感を保って

そういった現象をみましょうね

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索