ペットの熱中症対策大丈夫? 日々の生活から注意です

 

スポンサードリンク

   

暑い日が続きますが

大切なペットの体調は大丈夫ですか?

自分の子供なら、何か言葉を発してくれますが

ペットたちは言葉を発してくれません

いつもよりも元気がなくって

気づいたら、熱中症

食欲もなくなってしまい

体力回復せず・・・なんてことにならないように

常日頃からの注意が大切です

ペットのかかる熱中症なのですが

調べによると

実際には夏前から、件数の増加が起こるそうです

つまりは、我々が想像するよりも、ペットたちは

暑さに強くはないということ

発症の件数は

ゴールデンウィークくらいから増え始めて

夏日が出てくると、急増しますので

早め早めの対応が必要になってきます

注意する点としては

ドックランなどで、遊んでいるのは良いのですが

いつも家の中にばかりいるワンちゃんなどの場合

楽しくって思いっきり遊んでしまい

気づいたら熱中症

などということになります

賢いレトリバーであっても、小学生程度の知性

ですので、楽しいことに夢中になってしまいます

そして、もう1点注意ですが

実は室内です

飼い主がいてリビングに普通にいても

熱中症にかかってしまう場合もあります

成犬に一番向いている温度は15度から20度程度

と言われていますので、日本の夏は

基本的に犬にとっては過酷な日々です

ペットだけを車の中などに置き去りにしておくなんて

もってのほかです

まずは直射日光にあまりあてない事

そして、温度調節に注意しましょう

もちろん常日頃の食べ物・飲み物に注意して

おくことは大切です

やっぱりきちんと食べて、健康管理をされている

ペットは元気ですからね

もし、通常の状態で何か問題がありそうなら

そこから改善です

不足している栄養素やミネラル分など

今は比較的簡単に補えますので

きちんと対策をしておきましょう



もちろん、子供や年を取ったペットに関してはケアが必要になってくるでしょうが

夏の時期には成犬でも

十分な注意が必要になります

できれば散歩も直射日光を避けて外出するようにしましょう

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索