ダイエットホルモン レプチンで満腹をコントロール

 

スポンサードリンク

   

薄着の季節になってくると

どうしてもボディラインは気になります

 

それなりにダイエットして、体重を落としても

それを維持していくのは、結構大変です

 

単純に食事や運動を続けていくのではなく

もう少し戦略的に、フォーカスをあるホルモンに

あてて、ダイエットをしてみましょう

そのホルモンはレプチンです

体内では様々なホルモンが作られていて

そのホルモンを受け取る「受容体」という部分で

受け、何らかの刺激として体は認知します

 

様々な部位で、様々なホルモンが作られて

いっているのですが

脂肪細胞内で作られ、食欲を調節する

ホルモンがあり、レプチンというものです

 

体内の脂肪細胞で作られて、脳の視床下部が受容体です

 

受け取ることで、満腹を感じ

もう食事をしなくても大丈夫、と命令を出すわけです

つまり、このホルモンを摂取することで

食欲そのものを調整し、頭に満腹を感じさせることが

可能になります

それ故に、未来のダイエット薬としての

研究が行われているとか

 

脂肪細胞で作られるとなると、太っている人の方が

たくさん作るので、食事しないのでは?

と考える方もいることでしょう

 

でも、これ、作られることより

ホルモンそのものをきちんと受け取ってもらえるのか

の方が非常に大切です

 

実は太っている人は、このレプチンを受け取る受容体が

ある種の麻痺をしてしまっているために

満腹を感じるまでに時間がかかり、食べ続けるため

太っていってしまうのです

 

これは恐怖の無限ループと言えるものでしょう

食べてみる→太ってしまった→レプチンに鈍感になる→さらに食べる量が増える

さらに太ってしまう→さらにレプチンを受け取れなくなる・・・・

 

食事と運動で痩せたとしても

食事量が少なくならない人っていません?

そういう人はレプチン受容体が

元に戻っていないので、また太ってしまいがちです

 

受容体の状態なのですが、痩せていくのと同時に

普通に戻るのですが、きちんと戻るまでの期間などは

個人差があります

その間に、食欲に負けると

リバウンド現象が起こります

 

速効で体重を減らすことは、みんな求めるのですが

その後の事考えて

自分の健康のために

このレプチン受容体も考慮して

食欲のコントロールを

注意してみて下さい

 

まずは、自分の体にはそういった

事が起こることを十分に理解する

 

そして、食事療法とをしつつレプチンの摂取をプラスすることで

空腹感を感じる速度を早くするように

意識すると、リバウンドも少ないと思います

アフリカンマンゴーとは、西アフリカメロンの事で

ここにレプチンが含まれているそうです

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索