サヴァン症候群 ATARUの能力とは?

 

スポンサードリンク

   

サヴァン症候群(savant syndrome)という病気をきいた

事があると思います

最近だと、TBS系ドラマ「ATARU」で、SMAPの中居君

が演じている、チョコザイ君はこのサヴァン症候群です

 

ドラマだとサヴァン症候群は非常に特殊な状態のように言われますが

実際には、サヴァンの人は案外多くいるのです

サヴァン症候群とは?

ドラマ「ATARU」の影響もあり、サヴァン症候群は超絶な記憶力や

推理力などを持っている人を指し示す言葉のように思われていますが

実際には、様々な症状があります

 

基本的に記憶に関して、ある種の異能を持っているのは確かですが

過去に有名になったものは

映画「レインマン」で、カードの並びを正確に記憶して

しまうなんていうもの

 

他にも、驚異の計算能力をもち、高速の計算ができたり

航空写真を1度だけ見て、その絵を正確に描けてしまったり

ランダムな日の曜日が即座にわかるという症状もあります

 

症例によって、その原因やメカニズムが異なっているようで

同じものが2つと無い病気だ、と言われています

 

サヴァン症候群とはは、知的障害を持っている人で

何か異能を持っている人に対して使われる言葉ですので

健常者に対して「サヴァン症候群」と使うことは、基本的にありません

 

恐らくそのような状態になっている人は

上手く能力を使いこなしてスーパーマンになれるので

病気だと感じないはずです

 

ただ、有名人でもこのサヴァン症候群の人はいて

すでに歴史上の人だと、画家で有名な山下清

テレビドラマだと、その場で絵を作っているようなイメージですが

実際には、記憶の中の風景を、家に帰って絵にしていて

サヴァン症候群であった可能性が高いと言われています

 

また、お笑い芸人の松村邦洋も、テレビ番組の中で

サヴァン症候群だと公表しています

彼の場合には、ものまねの対象を記憶の中に取りこみ

それを真似る、という部分で能力を使っているようです

 

サヴァン症候群の人を取り上げた、Youtubeの映像です

 

ATARUはその能力を、警察の捜査に効果的に使えるよう

FBIで特別にトレーニングを受けているので

犯人捜しなどができるわけです

 

テレビドラマのシーズンを見ていないのでしたら

劇場版のATARUを見る前に

こちらから、どうぞ

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索