あまちゃんではない 破天荒な古田新太

 

スポンサードリンク

   

NHKの連続ドラマの「あまちゃん」で

プロデューサーの太巻(荒巻太一)

を演じている、古田新太氏

売れっ子のテレビ俳優としての認識が強いと思いますが

実は関西出身のかなり破天荒な役者さんです

img_1075849_32900642_0

関西学生演劇ブームが1980年代後半くらいから起こり

その時代に台頭を表した役者さんです

その当時には、筧俊夫、渡辺いっけいなどもいます

 

大阪芸大の学生でしたが、学費未納が卒業直前にばれ

除籍になっているというつわもの

 

そのころの関西ローカルのコント番組には

生瀬勝久や羽野亜紀などとともに出演し

人気を得ました

「現代用語の基礎体力」や「ムイミダズ」など

非常にふざけた番組名で、本当にくだらないことを

やっていた番組です

 

当時、関西の劇団であった劇団☆新感線は

すさまじい集客力のある劇団で

そこへ1度だけ、ということで参加したのだが

いつの間にか所属俳優になってしまい、今でも新感線の人気俳優でも

あります

 

関西ローカル番組で人気が出た後に、オールナイトニッポンの

パーソナリティに抜擢、木曜1部というビートたけしの後継者として

全国区へ躍り出ます

 

その当時、ラジオでは下ネタのオンパレードと好みのハードロックを中心に

したプログラムで人気を得たのですが、その下ネタは過激で

ほぼ毎回スタッフは始末書を書かされるようなものだったそうです

 

自他ともに認める女好きで、稽古場Hしていたこともあるとの

本人談

この毒牙にかからなかったのは、唯一羽野亜紀だけと言われています

そんなことからも、年がら年中離婚の危機などを

言われていますが、一人娘の事を

楽しそうにテレビで話す、よき父親としての一面を

持ち合わせています

 

こういった事は、周知の事実ですので

今のあまちゃんも、だいじょうぶか?

と思ってしまう人も、いたのではないでしょうか?

 

役者として非常に評価が高く、歌も踊りもこなせます

他にも声優、雑誌のコラムなども手掛け

非常に多彩な人でもあります

 

これからも、どんな破天荒な活躍をしていくのか

楽しみな役者さんです

【2500円以上送料無料】勝・新 メソッド 古田新太編「体」/生瀬勝久/古田新太【RCP】

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索