あいーとで楽しく食事を 接触支援食

 

スポンサードリンク

   

介護の必要になったお年寄りの方であっても

できるだけ、日々の食事を楽しんで欲しいものですよね

そこでお勧めしたいのが摂食支援食「あいーと」

過去エントリーはこちら⇒摂食回復支援食 あいーと 他の介護食との違いは?

介護期間が長くなると、食事が単調になってしまったり

介護されている方も、あまり食事が楽しくなくなってしまいます

どんなに年をとっても、やはり、食べ物はおいしく食べたいものです

 

楽しむのは、味だけではありません

食事って単に栄養を取る、ということだけではありません

見た目や香り、また一緒に食べる人との会話など

そういったものすべてが

日々の食事とつながってくるものです

 

たとえ一緒に食事をしていても

自分だけが、ミキサー食などだと

どうしても、疎外感などを感じ

食べることが楽しくなくなってしまいます

 

でも、普通の食べ物を出しても

噛み切れませんし、飲み込めません

 

この飲み込めないというのは、非常に危険で

子供や老人が、ゼリー状のこんにゃく菓子?で

窒息なんて事件も、多数ありましたね

 

あいーとは酵素の力で食品の形をそのままに

やわらかさは格段にやわらかくなっています

それは、ごぼうであっても、簡単につぶせてしまうくらい

 

見た目は、家族と一緒のなのですが

安全に食べられる

もちろん味も抜群です

 

介護している方としては、マンネリになっている料理

に変化を与えて、めったに食べられないような

料理を提供できますので、そこもまた

嬉しい所です

 

なにせ、メニューは全部で32種もあり

和・洋・中そろっていますので

料理の組み合わせを考えると

相当なバリエーションを作れることが分かります

 

みんな楽しく

介護する方も、される方も

食事の時間を、共通の時間を共有して楽しめるようになる

摂食支援食品のあいーと

 

冷凍食品ですので、保存も調理も簡単です

楽しい食事の時間を作ってくれる、摂食支援食品 あいーと

ぜひご利用ください

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

スポンサードリンク

楽天市場

カスタム検索